ナビゲーションをスキップする ページの先頭
ログイン
  • トップページ
  • 新着情報
  • 学習教材とは
  • 文字サイズ

第8~9時~課題の深化~「企業の社会的責任を考える」「職業の意義と役割及び雇用にについて考える」「企業の企画をより良くしよう」

学習テーマ

課題の深化「企業の社会的責任を考える」「職業の意義と役割及び雇用について考えよう」
                  「企業の企画をより良くしよう」

本時の展開

本時の展開のフロー図
●学習内容⁄★目標 学習活動・形態 指導(支援)と留意点 評価
   
講師選定について>
地元の商工会議所、商店会、人材バンクなどに相談すると良い。
講師の方々と、授業の目的、進行状況、生徒の動きや、実際の企画例について、事前の打合せを行う。<共有体験>
<関心・意欲>
地域の方との意見交換に関心をもって取り組む。(教師・観察、話し合い)

<思考・判断>
課題解決への方策を考える。(教師・観察、話し合い)

<表現>
自分の疑問や意見を適切に発表できる。(教師・観察、話し合い)

<思考・判断>
課題解決への方策を考える。(教師・観察、話し合い)
学習内容 地域の企業の方などとのワークショップ形式による意見交換を行う。
目標 課題を揺さぶる。
第8時)
グループでワークショップ形式による意見交換を行う。(グループ学習、意見交換)
授業の進行を行う。<方向性>
ワークショップの内容に沿って、課題が深められるように観察、支援する。<方向性・深化>
各グループごとに、録音機を準備しておき、ワークショップでの意見交換の内容を録音させておき、以後の支援と生徒の振り返りに役立てる。<方向性・深化>
学習内容 ワークショップでわかったことや新たに生まれた疑問点、解決策を整理する。
目標 課題の整理とまとめ。
第9時)
グループごとに話し合い、企画書と求人広告を修正し、完成する。(グループ学習、話し合い、作業)
ワークショップで高まった課題意識を整理し、深化できるような支援を行う。つまり、各グループのワークショップでの内容を整理しておき、見通しをもって支援を行うようにする。
例:企業が利益をあげる以外にも社会的に貢献している点について、考えるように助言する。)

前へ 前へ 7 ⁄ 9 次へ 次へ

授業展開例(3)へ戻る
(主催)日本証券業協会/東京証券取引所
お問い合わせ : 日本証券業協会 金融・証券教育支援センター 電話03-6665-6767
Copyright(C) 2007 Japan Securities Dealers Association/Tokyo Stock Exchange, Inc. All Rights Reserved.