ナビゲーションをスキップする ページの先頭
ログイン
  • トップページ
  • 新着情報
  • 学習教材とは
  • 文字サイズ

第4時 交流する ワークブック【私たちの応援したい会社】

ねらい

1. 手紙で会社とアポイントメントをとる
2. 出前授業・会社訪問で社員と交流する

本時の展開

本時の展開のフロー図
学習活動 キーワード 利用教材
(9) 返事の届いた会社に礼状を書かせる。返事のこないチームも考えられるため、礼状は宿題にし、プレゼンテーションの評価を発表したあと、レポートを返却し、客観的な立場から、どのチームの応援している会社が長期的・継続的な投資に適しているのかを伝える。
財務や業績が良く、中長期的に株価が安定もしくは上昇していて、社会に利益を還元している将来性のある会社。
ワークブック【私たちの応援したい会社】
P13
(10) 社会的責任投資(SRI)および投資の本質について考えさせる。教員が手紙の返事をくれた企業の広報・IR・CSRの担当者と連絡をとり、出前授業をしてもらえないか交渉する。
出前授業が無理なら、本社・支社・工場のいずれかを見学させてもらないか交渉する。
社会的責任投資(SRI)、良い会社への継続的な投資が経済発展の原動力に。
(11) 出前授業もしくは会社(工場)訪問の実施
出前授業の場合、事前に質問を書かせ、精選する。多すぎると時間内に担当者が返答できないため。
(12) 学んだことのまとめと感想を書かせる。最後に購入した株式の値段を確認し、生徒に報告する。

前へ 前へ 8 ⁄ 8  次へ次へ

授業展開例(2)へ戻る
(主催)日本証券業協会/東京証券取引所
お問い合わせ : 日本証券業協会 金融・証券教育支援センター 電話03-6665-6767
Copyright(C) 2007 Japan Securities Dealers Association/Tokyo Stock Exchange, Inc. All Rights Reserved.