ナビゲーションをスキップする ページの先頭
ログイン
  • トップページ
  • 新着情報
  • 学習教材とは
  • 文字サイズ

第2時~ワークシート利用法~

ポイント①

同業他社との比較検討をさせましょう。
まず、同業他社のホームページをいくつか閲覧させ、比較検討させてから応援したい会社を決定させましょう。その際には、会社の製品・サービス以外に、環境問題への取り組み、メセナなど社会的責任・貢献についてのページに眼を向けさせ、会社全体の魅力を評価する姿勢を身につけさせましょう。

ポイント②

現地取材では、よい点(今後も成長していけると思われること)と、改善点(課題となりそうなこと、解決していかなければならないこと)の2点に注目させましょう。
応援したい会社を決定したプロセスを大事に、よい点・成長してきた点にまず焦点を当てて調べさせてください。その上で、さらに成長するには、どのような課題があるのかをしっかり考えさせることが重要です。そこから自ら課題を設定し解決しようとする態度が育っていくのです。この学習のメインは、この課題解決学習にあります。

ワークシート②のイメージ

ポイント③

自分だけの大改造計画をつくることこそが、クリエーティブな学習をつくりだします。
人のまねではない、自分だけのアイデアでまとめあげた大改造計画は、今後の生徒の学習に大きな自信を与えることができるでしょう。また、調査活動から始まったこの学習は、実際の企業でも行われているマーケティングリサーチや、商品開発などにもつながるものです。プレゼンテーションでは自己評価と併せて、他者の評価をフィードバックすることで、さらに意欲を高めることができるでしょう。

ワークブック【私たちの応援したい会社】 詳細はこちら
ワークシート②のイメージ

夏休み明けのワークシート②「コンビニ大改造計画」の生徒の記入


前へ 前へ 6 ⁄ 8  次へ次へ

授業展開例(1)へ戻る
(主催)日本証券業協会/東京証券取引所
お問い合わせ : 日本証券業協会 金融・証券教育支援センター 電話03-6665-6767
Copyright(C) 2007 Japan Securities Dealers Association/Tokyo Stock Exchange, Inc. All Rights Reserved.