ナビゲーションをスキップする ページの先頭
ログイン
  • トップページ
  • 新着情報
  • 学習教材とは
  • 文字サイズ
第1時 応援したい会社を決定 PDF版 ワークシート1 株式学習教材上達の秘訣! Word版 ワークシート1 株式学習教材上達の秘訣! ワークシート①のイメージ

ねらい

家計の消費活動から発展させ、生産・流通などを担う企業の活動に関心を向けさせる。その際、「応援したい会社」の取材活動を通して、くらしとの関わりから企業の役割や社会的責任について考えさせることで、経済活動全般に対する興味・関心・意欲を高める。

本時の展開

1. 知っている会社を黒板に自由に書き、それを業種別に分ける。
2. ワークシート1を記入し、会社調べの方法・考え方を理解する。
3. ワークシートの4つの観点を踏まえて、私たちのくらしと関わりの深い業種を選び、そのなかで比較検討させ、応援したい会社を決定する。
第2時 「応援したい会社」に2つの方法でアプローチ Word版 ワークシート2 コンビニ大改造計画 PDF版 ワークシート2 コンビニ大改造計画 私たちの応援したい会社 ワークブック ワークシート②のイメージ

ねらい

1. 「夏期休業中の課題」の取り組みについて、次の2点を理解する。
(1) 夏期休業中の時間を利用して、現場(会社や店舗)に足を運び実際に取材をし、さらに同業他社との比較検討を通して報告書(ワークシート2をまとめる。
(2) 応援したい会社に関わる新聞・テレビなどの記事・ニュースなどを夏期休業中適切に収集・整理し、報告書(ワークシート2作成に活用する。
2. 応援したい会社の株式を中心に株式学習ゲームに参加することで、ゲームでの学習内容の焦点化を図り、あわせて日経平均株価・東証トピックスなどの株価全体に関わる動きに注目させることで多面的・多角的に理解を深める。

本時の展開

1. 「夏期休業中の課題」について、どのように取り組んだらよいのかを理解する。
2. 株式学習ゲームに参加することで、調査活動以外で応援したい会社へアプローチする方法を知る。
3. ワークシート2(ここではコンビニ調べ)の記入の仕方について理解する。
第3~4時 事後学習報告書(パワーポイント)の作成・発表について

夏期休業中に記入したワークシート2を基にレポートを作成し発表する。

コンピュータや情報通信ネットワークなどを積極的に活用し、わかりやすく整理した報告書(または、パワーポイント)を作成し発表する。


前へ 前へ 2 ⁄ 8  次へ次へ

授業展開例(1)へ戻る
(主催)日本証券業協会/東京証券取引所
お問い合わせ : 日本証券業協会 金融・証券教育支援センター 電話03-6665-6767
Copyright(C) 2007 Japan Securities Dealers Association/Tokyo Stock Exchange, Inc. All Rights Reserved.